スノボのツアーに参加して感じたこと

サークルのみんなと言ったスノボのツアーについて

僕は大学時代にはバンドサークルに入っておりました。そして大学の冬休みは長かったので、誰ともなしに「折角だし、冬はみんなでスノボに行こうぜ?」と言った話が生まれました。個人的には「なんでバンドサークルなのにスノボに行くんだ?」と思いましたが、もともとウィンタースポーツは好きな方なので一緒に行くことにしました。

スノボに行くのならば当然ツアーの方が安上がり!と言う意見が圧倒的多数を占めたので(東京からならば、下手に自分たちで電車で行くよりもスキーバスツアーで申し込む方がかなり値段が安くなります。また、僕たちは人数が多かったので団体割引もありました。)バスで行くことになりました。そしてついたのは一面の銀世界。当然一年ぶりの雪だったので、まずは初心者コースでためしに滑り始めました。すると、後ろからサークル仲間がやってきて、「じゃあ、競争しようぜ?」と言う話が出ました。

本当はもうちょっと勘を取り戻してからの方がよかったんだけどな…と思いながらも、僕は了承しました。そして一斉にスタート。しかし、やはりまだまだスノボの勘が戻っていませんでした。うまく右回転をすることが出来ずに、植え込みにドカンとぶつかってしまいました。しばらく起き上がれずにいると、後から上ってきた友だちの一人が笑いながら、引き上げてくれました。やはり、大人数でスノボに行くと、その人の意外な一面なども見えて面白かったです。また、機会があったら大勢でツアーに行くのも面白いなと思っております。

お役立ち情報

Copyright (C)2017スノボのツアーに参加して感じたこと.All rights reserved.